in

泣 怒 驚 いいねいいね ・・・・・・

メイたちの0日目 農場最初の日

メイは孵化場で産まれ、トラックで農場に運ばれた。その日に到着した雛は6万羽。農場にはいくつか鶏舎があって、その一つにメイは乱暴に放り投げられた。給水管にぶつかって地面に落とされたメイは、驚いて起き上がった。

ピヨピヨなく雛たちには何が起こったのかわからなかった。ここはどこなのだろう。ただ驚いてひとしきりオロオロしたあと、メイは食べ物と水を見つけた。彼女は急いでごはんをついばんだ。

そういえば産まれてから何も食べたことがなかった。すっかり空腹だったメイは、おなかいっぱいごはんを食べ、新しいふかふかのノコクズのにおいに包まれて眠った。

メイ 体重40g


弱って苦しむ未熟な雛

未熟雛

ブロイラーの孵化場では売り物にならない雛は殺処分されます。未熟な雛も殺処分対象になり、本来なら農場に行くことはありません。

しかし、一日に産まれる雛は数万羽にものぼるので、選別時に見逃されてしまい、農場に連れていかれることがあります。いずれにしても、未熟な雛は鶏舎の中で自力で生き延びることはできず、死に至ります。

動物愛護法に違反した行為

動物の愛護及び管理に関する法律では鶏は愛護動物にあたります。0日目のメイたちは、動物愛護法違反の虐待を受けている可能性があります。
・0日目で飛べない雛を地面に放り投げる行為(第44条2項)
・弱った雛(未熟雛)を治療しない行為(第44条2項)


かごに入れられて入雛されたメイたち
かごに入れられて入雛されたメイたち
鶏舎の中のメイたち
鶏舎の中のメイたち
肉用鶏 ブロイラーのめいの0日目
0日齢のメイ

めいの50日を一緒に見守る

Comments

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

メディア向け素材

メイたちの1日目 踏まれる雛たち