in

泣 怒

22日齢 飢えと乾き

雛たちの成長に合わせて、給水器や給餌機の位置が高くなっていく。平均的な成長に合わせて高くするので、メイたちにとってはたまたまちょうどよいが、足が悪い雛や体の小さい雛には高すぎることがある。いまは弾みをつけて伸びあがって食べているが、おそらくそのうちまったく届かなくなるだろう。

体重920g


工場式畜産

1羽1羽への配慮はなされない

メイたちの農場のような工場型の畜産は20世紀半ばに急速に拡大しました。アニマルウェルフェアを向上させても一人で数万もの雛を管理し続ける限り、工場型畜産であることに変わりありません。雛たちは巨大な「群れ」で管理され、一羽一羽への配慮、治療が行われないことも変わらないでしょう。重要なことは今のような大量生産大量消費に歯止めをかけることです。食べない、食べる量を減らすという選択を増やすことが一羽一羽がかけがえのない命として扱われる社会につながります。

動物愛護法に違反した行為

動物の愛護及び管理に関する法律では鶏は愛護動物にあたります。今日もメイたちは、動物愛護法違反の虐待を受けている可能性があります。
・水を与えずに衰弱させる行為(第44条第2項)
・怪我をした雛を治療しない行為(第44条2項)
・弱ったり疾病を抱える雛を治療せずに衰弱させる行為(第44条2項)
・雛を餓死、衰弱死させる行為(第44条1項)
・糞尿が堆積した場所で動物を飼育する行為(第44条2項)


周りの子に取り残されず大きくなり続けている22日齢のメイ

めいの50日を一緒に見守る

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

21日齢 砂きた!

23日齢 殺されるのと餓死はどちらがマシ?