in

泣 怒

35日齢 骨ができないうちに成長する

メイが生まれて5週間がたった。

体重は猛スピードで増えている。ブロイラー種以外の鶏(ボリスブラウン、ジュリア)であればこの日齢の体重は370g程度。早く成長するということに重点を置いた品種改良はすごい成果をあげている。

だが太らされる本人たちからしたらどうだろうか?
骨の成長とは、まず外枠である軟骨ができ、その中に「骨」ができたあとで外枠の軟骨が細胞死する。しかし急激に成長させられる雛の場合、軟骨が異常をきたし正常な外枠ができないため骨が変形してしまうことがある。

メイの周りではこういう症状のある雛をみかける。痛みをじっと我慢しているように、あまり歩きたがらない。

体重1883g


動物愛護法に違反した行為

動物の愛護及び管理に関する法律では鶏は愛護動物にあたります。今日もメイたちは、動物愛護法違反の虐待を受けている可能性があります。
・水を与えずに(飲めないとわかっていて放置する)衰弱させる行為(第44条第2項)
・餌を与えずに(食べられないとわかっていて放置する)衰弱させる行為(第44条第2項)
・怪我をした雛を治療しない行為(第44条2項)
・弱ったり疾病を抱える雛を治療せずに衰弱させる行為(第44条2項)
・雛を餓死、衰弱死させる行為(第44条1項)
・糞尿が堆積した場所で動物を飼育する行為(第44条2項)


数日前とも違った過密度になっている
35日齢のメイ、ここからさらに太るなんて信じられない・・・

めいの50日を一緒に見守る

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading…

0

34日齢 立てない=死

36日齢 すでに超過密、過酷すぎる