鶏肉のために殺される
メイちゃんの

最後の日

餌が止められた。

何か雰囲気が違う。

雛たちは不安な夜を迎えた。

真夜中。大勢の人が入ってきて雛たちを捕まえ始めた。あちこちでピーヨピーヨと悲鳴が聞こえる。鶏は30種類くらいの発声を複雑に使い分け、気持ちを表現し、仲間と会話をするが、この声はパニック、恐怖、そして助けを求める声だった。メイは他の雛の恐怖の声を聞いて必死で逃げようとしたけれど、暗い鶏舎の中でどこに逃げればいいのか分からない。出口も分からない。身を隠すところもない。少しでもこの騒ぎから逃れられるよう、メイは隅の壁にぴったりと体をつけ、恐怖が去るのを待った。他の雛たちの悲鳴、人の足音、カゴ同士が当たった時のガチャガチャいう音。カゴがドサっと落とされ、メイは見なくてもその音だけで恐怖に陥った。息をひそめる。しかし人が近づいてきた。もう逃げることはできない。

メイは片羽で持ち上げられた。3kgになった自分の体重が片羽にかかり、メイは悲鳴をあげた。初めて経験する痛みに大きな叫び声をあげながら、狭いかごの中に押し込まれた。

それからトラックに乗せられた。格子のむこうにメイが初めて見る外の景色があった。はじめて見る世界。でもずっと鶏舎に閉じ込められていたメイにとって、道路の騒音、トラックの音はただ恐ろしいだけだった。メイが閉じ込められたカゴは狭く、立ち上がることもできない。一緒に籠の中に入れられた仲間の中にはひっくり返ったまま起き上がれない雛もいた。別の雛は捕鳥作業で足がちぎれてなくなっていた。カゴとカゴを運ぶレールの間に挟まれたのか。

大きな建物にトラックがとまった。建物の中からも雛のピーヨピーヨと叫ぶ声が聞こえる。メイたちにはその意味が分かる。「助けて!」「怖い!」雛たちは助けを求めていた。何が起こるんだろう。不安と恐怖がずっと続いていた。どこかに隠れたかった。でもどこにも隠れるところはなかった。ブロイラーの雛が安全でいられる場所など、この世界にどこにもない。

カゴがトラックから降ろされ、ベルトコンベアで順々に運ばれていった。しばらくするとメイのカゴの蓋が開き、メイは足を持ってつかみだされた。逆さ吊りにされて、メイは泣いた。雛たちはみんな泣いていた。逆さ吊りにされると膨らんだ臓器が圧迫されて苦しく、羽根をばたつかせて起き上がろうとしたが、もうどうにもならない。

もがき続けて数十秒後、メイは殺された。

体重3005g

シェアして知らせよう

鶏一羽一羽には、私たちと同じように個性があり感受性があります。

かれらは私たちと同じように苦しみます。でも現状、肉用に飼育されるブロイラーたちはモノのように扱われ、過酷な一生を過ごし、最後に殺されています。

鶏を食べない、消費を減らすという選択を

大量生産・大量消費の結果が、今のブロイラーの悲惨な状況に繋がっています。動物を商業利用することには、必ず動物の負担がともないます。食べない、消費を減らすという選択は、鶏たちの苦しみを減らすことに直結します。「鶏肉」は体に必要な栄養素ではありません。最近では代替肉ブームでもあり、さまざまな商品がでまわっています。

大豆ミート製品

食べるのなら動物福祉に配慮したものを

地鶏であれば大幅な品種改良は行われておらず、飼育密度にも1平方メートル当たり10羽以下という上限があります。食べるのなら、動物福祉に配慮したものを選択するということもできます。(銘柄鶏ではありません)

飼育環境の改善のために署名してください

アニマルライツセンターは企業に動物福祉導入の提案を継続しています。動物利用そのものがなくなるまでには、まだまだ時間がかかります。その間少しでも動物の苦しみを減らしたいと思っています。いま、日本で「肉用」に殺されている鶏は、年間6億9500万羽(2019年度)。彼らの飼育環境が少しでも良くなるよう、署名してください。企業や国に意見を届けます。






お店に意見を届けよう!

多くのスーパーやデパートに「お客様の声」の意見箱が設置されています。
地元住民、利用者からの声は、お店に直につたわります。
植物性のお肉や植物性のヨーグルトやアイスクリームを置いてくれるように頼んだら置いてくれたというケースも多々あります。

お店に
「大豆ナゲットを置いてほしい」
「大豆の唐揚げを置いてほしい」
「いろんな種類のベジミートを売って欲しい」
「代替肉コーナーを増やしてほしい」
「ブライラーの鶏肉を売らないで」
など、意見を届けてみて下さい。

意見を届けるときには、お店にその理由、ブロイラーの実態を伝えることもとても大事です。消費者のみなさんだけでなく、お店の人も実態を知らないケースが多いからです。

メイたちの50日を知る